ホームページを作成する時に工夫する事

トップページに目次を導入する

写真や動画を取り入れて内容が理解出来るようにする

内容に関係した広告を導入する

サーチエンジン側は広告量に厳しい

個人・法人がホームページを立ち上げた場合、レンタルサーバ代・CMS利用料・ドメイン維持費など様々なコストが毎月発生します。本業でコストを賄おうとすると大きな負担になる中、ホームページに広告を挿入すれば意外と簡単に広告費を稼げるため、大半が各ページに広告を貼っている傾向です。しかし、内容の薄いアフィリエイトサイトが長く上位を席巻してきた中、サーチエンジン運営会社は昔以上に広告量の多いページに厳しくなってきています。広告量が多い一方で内容は薄いようなページはドメインの評価を下げていく事を公言しているため、運営者達は無駄な広告を減らさなくてはなりません。一方、少ない広告量の中で今までと同じ広告費を稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

広告の選び方について

広告量の多さによってサーチエンジンの順位が下がるという事態が怖い場合は、各ページの内容に合った広告だけを挿入する事を大事にしてください。ひと昔前と比べてユーザーは興味がない広告をまったくクリックしなくなっていますので、関係ない広告を全ページに一括挿入するのは勿体ない事です。例えば、ある一つの話題について深く書いているページには、その話題に関連する本の広告を載せるのが効果的です。またオンラインモール内の特定の商品について深く紹介しているページで、モールのトップページに飛ぶ広告を貼っても殆どクリックしてはもらえません。そういったページではトップページに飛ぶ広告ではなく、商品ページにダイレクトでアクセスできる広告を貼る事が重要になります。面倒でも全ページの見直しを行い、各ページにベストマッチする広告をピンポイントで挿入していけば、広告料を減らしつつ利益をキープする事は十分可能です。

© Copyright Easily Create A Websites. All Rights Reserved.